ピカイチ

役に立つ事、気になることを発信しています。

*

スナップえんどうの茹で方は?栄養や食べ方!旬や保存方法は?

      2016/03/14

春になると、スーパーで、よく見られるスナップえんどう、鮮やかな緑色でプリッとしていて、美味しそうですよね。

食べるとほんのり甘くて、ポリポリとした食感もよく、食べ過ぎてしまいます。

そんなスナップえんどうの失敗しない茹で方や魅力について調べてみました!

スポンサードリンク


スナップえんどうスナップえんどう
 

スナップえんどうの茹で方は?

、両方のスジを取る。(スジをとるのが美味しく食べるコツ。)
、沸騰したお湯に塩を入れる。
、スナップえんどうを入れ、1〜2分茹でる。
、冷水にとり、一気に熱を取り、すぐざるに上げる。
 

スナップえんどうの栄養と食べ方は!

主な栄養
・β-カロテン:免疫力を高める、活性酸素をおさえる。
・ビタミンC美肌、免疫力を高める
・ビタミンK貧血防止、血液凝固作用
 

食べ方

スナップえんどうは、茹でてそのまま食べるだけでも美味しいですが、

炒めたりしても美味しくいただけます。

簡単レシピを紹介します。
 
スナップえんどうスナップえんどうの卵炒め(2人分)

材料
・スナップえんどう:100g
・卵:2個
・コンソメ顆粒:小さじ1
・サラダ油:適宜
・塩・こしょう:少々

作り方
、スナップえんどうはスジを取る。
、熱湯でさっと茹で(50秒ぐらい)、ざるにとる。 
、フライパンにサラダ油大さじ1を強火で熱し、溶き卵を入れて手早く炒める。(半熟程度)
、3に、茹でたスナップえんどうを加え、サッと炒め、コンソメ、塩、こしょうで味付けをする。


スポンサードリンク

スナップえんどう旬や保存方法は?

旬は、春〜初夏にかけてです。

1970年代にアメリカから導入された品種で、日本では比較的新しい野菜で、その原型は世界最古の豆といわれる「えんどう豆」です。

保存方法
・フリージング袋に入れ、冷蔵庫で保存。(1〜2日で食べる)

冷凍する場合は、固めに茹で、水分をふき取り、フリージング袋に入れ、冷めたら冷凍する。
(解凍する時は、熱湯をさっとくぐらせる。)
 

茹でるだけで、簡単に食べられるスナップえんどうは料理の苦手な人でもサラダの一品にできますね。

栄養もあるので、お子さんのおやつにもいいのではないでしょうか!?

スポンサードリンク

 - お役立ち

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

あさり
あさりの砂抜き方法は?選び方や栄養と食べ方!妊婦さんに効果的?

あさりの砂抜きって、むずかしいですよね。 砂抜きしたはずなのに食べる時に、口の中 …

とうもろこし
とうもろこしのゆで方と焼き方は?選び方や時期!栄養と保存方法も?

甘くて美味しいとうもろこし、上手にゆでて美味しく食べたいですね! そこで、とうも …

メイソンジャーサラダ
メイソンジャーサラダが人気!作り方と食べ方は?デメリットも!

メイソンジャーサラダってご存知ですか? ニューヨークを起点に海外で流行、日本でも …

ゴーヤー
ゴーヤーの選び方は?栄養と効能!食べ方と下ごしらえや保存方法も!

ゴーヤーといえば、夏を大表する野菜のひとつではないでしょうか? 「ニガウリ」とも …

アロマディフューザー
アロマオイルで芳香浴!アロマバスと足浴や吸入の仕方も!

アロマオイルで芳香浴!アロマバスと足浴や吸入の仕方も! アロマが好き、また、興味 …

アロマトリートメント
アロマトリートメントは生理前やPMSに効果的!生理中もOK?

アロマトリートメントは生理前やPMSに効果的!生理中もOK? 女性なら誰でも経験 …

公衆電話
公衆電話の使い方!110番や119番するには?料金や場所は?

公衆電話の使い方!110番や119番するには?料金や場所は? 緊急時の公衆電話の …

アスパラガス
アスパラガスの旬や選び方は?茹で方や食べ方!栄養や保存方法は?

アスパラガスは通年とおして出回っていますが、美味しい時期っていつでしょう? 旬や …

スクリーンショット 2016-07-01 16.41.26
アロマトリートメントはアトピーにも効果的?オススメのオイルも紹介!

アロマトリートメントはアトピーにも効果的?オススメのオイルも紹介! アトピー性皮 …

豆苗
豆苗の食べ方と選び方!栄養や効能は?保存方法と再生栽培のコツも!

豆苗(とうみょう)をご存知ですか? 最近スーパーで、年中安く手に入るようになりま …