ピカイチ

役に立つ事、気になることを発信しています。

*

アロマトリートメントはアトピーにも効果的?オススメのオイルも紹介!

   

アロマトリートメントはアトピーにも効果的?オススメのオイルも紹介!

スクリーンショット 2016-07-01 16.41.26

アトピー性皮膚炎に悩んでいる方は多いですね。

子供から大人まで幅広い年齢層の方が、患っていらっしゃいます。

アロマトリートメントでアトピー性皮膚炎が良くなったなんて声も聞きます。

そこでアトピー性皮膚炎アロマトリートメントを受けることによって、効果はあるのかという観点から調べてみました。

オススメのキャリアオイルや精油などもご紹介します。
 

スポンサードリンク

アロマトリートメントはアトピーにも効果的?

アトピー性皮膚炎

アロマトリートメントはアトピーに効果的なのか?

それは、一概にはいえません。

アトピー性皮膚炎の方で、アロマトリートメントを受けたら症状が良くなったと言う人もいますし、効果がなかったと言う人もいるからです。

アロマトリートメントは植物療法なので、病気を治す薬ではありません。合う人もいれば合わない人もいるでしょう。

ですからアロマトリートメント=アトピーが治るというわけではありません。

でも植物のもつ様々な抗炎症作用や殺菌作用、抗アレルギー作用、ステロイド様作用などがアレルギー性皮膚炎によい効果をもたらすことはありますね。


スポンサードリンク

アロマトリートメント・アトピーにオススメのキャリアオイルは!

アトピーに良いとされるキャリアオイルを3つご紹介していきたいと思います。

1、ボリジオイル:ボリジオイルは月見草オイルと成分と作用がにていますが、アレルギー性皮膚炎に有効な γ-リノレン酸が月見草オイルの約2倍含まれていて、表皮細胞のバリア機能や代謝機能を高めてくれます。
また、多価不飽和脂肪酸を多く含み、皮膚の乾燥&老化を防ぐ働きに優れた植物油です。

このボリジオイルは、私も子供が小さい頃アトピー性皮膚炎だったので、ボリジオイルで軟膏クリームを作って塗っていました

ボリジオイルを塗ったからといって、すぐアトピーが治るとかいうものではなく、毎日塗っているうちに少しずつ状態が良くなっていきました。

ステロイドを使っていた時は、良くなるさらに悪くなるの繰り返しでしたので、なるべくステロイド剤を使わず、治したかったのです。
試した結果、良かったですね。

しかし、効き目には個人差があり、その状態にもよると思いますし誰にでも良いというわけではないですが、一度試してみるのも良いのではないでしょうか。

ボリジオイルの難点を一つだけ言えば、独特な強い匂いで、その匂いは服に付くと取れません。

私は、ボリジオイルの匂いが付いてもいい服を子供に着せていましたね。
 
2、イブニングプリム・ローズオイル(月見草オイル): イギリスやフランスなどでは実際にアトピー性皮膚炎の治療に用いられているオイルで、
アレルギー性皮膚炎に有効とされるγ-リノレン酸や保湿効果のあるリノール酸を多く含み敏感肌の方にも使用できるオイルです。
 

月見草オイルとボジリオイルの両方とも、γ-リノレン酸が含まれている為、酸化しやすいので、熱や光を避けた冷暗所(冷蔵庫や棚など)で保管し、
開封後は空気に触れないようにフタをしっかりと閉めて、1ヶ月以内に使い切りましょう。

粘性のあるオイルなので、一般的に他のメインとするキャリアオイルに、10~20%の割合でブレンドして使用されていて、そのほうが使い安いです。
メインとなるキャリアオイルで、おすすめなのがホホバオイルです。

3、ホホバオイル:保湿性にすぐれ、浸透力がよいのでベタつきません。酸化しにくく、キツイ匂いもないです。
アトピーの大きな原因のひとつであるといわれているブドウ球菌などのバクテリアの繁殖を抑える働きを持っているといわれています。
 

さらに効果をあげるために精油をブレンドしよう!

アロマトリートメントの効果をさらに上げるためにキャリアオイルにブレンドすると良い精油もご紹介します。

・真正ラベンダー:抗炎症作用や殺菌作用がある。

・ティートリー:抗菌、抗真菌作用に優れていて、皮膚への刺激が少ない。

・カモミールジャーマン:優れた抗炎症、抗ヒスタミン作用がある。

・カモミールローマン:抗アレルギー作用や抗炎症作用があり、マスト細胞からのヒスタミンの放出を抑える。

・ブラックスプルース:ステロイド様作用があるとされアトピーの痒み制御としてフランスでは活用されている。

・ヨーロッパアカマツ:優れた殺菌、消毒作用、ステロイド様作用もあると言われている。

これらの精油をアロマトリートメントする時や軟膏クリームを作る時に加えてみて下さい。
全部なくても大丈夫です。アトピーが軽度であれば、ティートリーと真正ラベンダーだけでも良いと思います。

注意すること!
◆精油はアロマショップなどで、高品質のものを選びましょう。
◆雑貨屋や100円ショップなどの精油は、お薦めできません。
◆一つ一つの精油をそれぞれパッチテストを必ず行い、
パッチテストでOK!でも、精油はまず1滴から始め、様子を見ながら1滴ずつ増やしていきましょう。

アロマトリートメントでアトピー性皮膚炎を何とかしたいと思っている方は、試してみてはいかがでしょうか。

お体に合えば、アトピーの症状がかなり良くなる方もいるようです。

ご自分でボリジオイルなどを塗布するのもよし、アロマサロンにトリートメントを受けに行くのもいいですよね。

サロンに行く時は、知識のある施術者がいて、きちんと対応してくれるのかどうかを確認してから来店するといいですね。

スポンサードリンク

 - お役立ち

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

オリーブオイル
オリーブオイルの良い選び方!効果や効能は?アレルギーと賞味期限も!

オリーブオイルは、美容と健康の効果があると言われています。 でも、中には偽物も多 …

春キャベツ
春キャベツの選び方は?栄養と食べ方や保存方法!冬キャベツとの違い

春になるとスーパーに出回るのが、、春キャベツ甘みがあって、美味しいですね! 選び …

豆苗
豆苗の食べ方と選び方!栄養や効能は?保存方法と再生栽培のコツも!

豆苗(とうみょう)をご存知ですか? 最近スーパーで、年中安く手に入るようになりま …

スナップえんどう
スナップえんどうの茹で方は?栄養や食べ方!旬や保存方法は?

春になると、スーパーで、よく見られるスナップえんどう、鮮やかな緑色でプリッとして …

新玉ねぎ
新玉ねぎの選び方と食べ方!栄養と効能は?保存方法と賞味期限!

春になると、スーパーに出回るのが、柔らかく、甘みもあり、辛みも少ない新玉ねぎ。 …

メイソンジャーサラダ
メイソンジャーサラダが人気!作り方と食べ方は?デメリットも!

メイソンジャーサラダってご存知ですか? ニューヨークを起点に海外で流行、日本でも …

パプリカ
パプリカの選び方と栄養は?ピーマンとの違いって!保存方法と切り方も

パプリカは、スーパーで通年とおして見かけますが、旬は6月〜9月だそうです。 色が …

アロマトリートメント
アロマトリートメント・妊娠中の効果や禁忌は?産後はいつから?

アロマトリートメント・妊娠中の効果や禁忌は?産後はいつから? 妊娠中は、腰の辛さ …

森林香
森林香で登山やキャンプの虫除けに!匂いや効果は?口コミも紹介!

森林香で登山やキャンプの虫除けに!匂いや効果は?口コミも紹介! 暖かくなってくる …

とうもろこし
とうもろこしのゆで方と焼き方は?選び方や時期!栄養と保存方法も?

甘くて美味しいとうもろこし、上手にゆでて美味しく食べたいですね! そこで、とうも …